証券取引で時間外に注文を出す方法は?

   

証券取引は時間外でも注文が可能

証券取引ができる時間帯は決まっていて、日本の場合には前場が9時から11時半まで、そこから1時間の休みを挟んで12時半から後場が始まり15時まで取引が行われます。
直接取引をすることができるのはこの時間に限られますが、売買注文自体は何時でも出すことができるのでやり方を覚えておけば証券取引をすることはできます。

やり方は至って簡単なものであり、時間外に注文を出しておけば市場が開いたと同時にその注文が市場へと発注されることになります。
例えば18時にある銘柄を200円で買いたいという注文を出せば、翌日の市場が開くと同時に200円の注文が出されることになります。

同様にいくらでもいいから株を買いたいとなれば成行注文を出しておくことによって、翌日の前場の寄りに成行注文が執行され株を購入することができます。
これが昼休み中の注文になると後場に注文を出されることになるので、後場に注文をしたいのであれば昼休み中に出しておけば良いということになります。

また、いくつか執行条件を設定することもでき寄付きではなく引けの値段で売買をしたいという時には、執行条件を引けにすることでその日の終値での取引ができるので覚えておくと良いでしょう。

初心者にもおすすめ!FX取引の正しいやり方

証券取引は時間外にも注文をすることができるので、取引自体は可能ですが臨機応変な対応が取れないため特に初心者にとっては難しいところがあります。
しかし、FXであれば常に市場が開いているので初心者でも取引をしやすく、利益を上げることも可能です。

FX取引の正しいやり方としては、第一に資金管理を徹底することにあります。
FXは証券取引と違って、損失が限定的ではないので資金管理が適当だと投資元本以上の損失がでてしまうことがあるため、これだけは絶対に守らなければなりません。
過度に心配をする必要はなく、FXは少額の資金でも取引が可能であるためごく少額の資金から始めれば、大きなリスクを負うことはありませんから安心です。

次に損切りポイントは予め決めておいて、その値段に達したら躊躇なく決済するというルールを決めておくことも大切です。
下手に反発するかもと思って決断が遅れると、いたずらに損失を拡大してしまうことがありますから、損切りのポイントを明確にした上でエントリーをするように心がけましょう。
合わせて逆指値も設定しておけば、相場を見ていない間に価格が大きく動いて想定したラインで損切りができ無かったということを防ぐことができます。

 - FXの仕組みを知る