インターバンクとは

インターバンク市場の仕組み

インターバンクには個人のような一般の人は参加できず、FX会社や銀行、証券会社など金融機関が参加して取引を行っています。

為替取引の場合は24時間金融機関がネット回線でつながっており、相対取引(あいたいとりひき)が行われています。
これは市場参加者が1対1で、当事者同士が同意すれば取引が成立するというものです。

店頭FXも同様で、トレーダーとFX会社の相対取引によって成り立っています。そのため会社によってスプレッドや為替レート、スワップ金利に違いがあります。スプレッドは狭ければ狭いほどトレーダーに有利になりますが、その分会社の利益は少なくなってしまいます

扱っている通貨の種類も会社によって異なりますので、自分の取引したい条件に合った会社を選ぶことは、FXで利益を出すためにとても重要なことなのです。会社は取引環境や情報を提供することによって、他社との競争でより多くのトレーダーを獲得しようと努力をしています。

店頭取引とは別に、取引所取引というものもあります。
日本でいえばクリック365がそれにあたり、くりっく365の為替レートは取引をする会社によって異なることはありません。

店頭取引よりも透明性の高い仕組みとなっていますが、スプレッドも広くトレード回数が多い人にはあまり向いていません。

FXインターバンク市場の仕組みの基本

FXはすべて相対取引によって成り立っています。

契約しているFX会社は中継する会社としての役割があり、FX会社はインターバンク市場の金融機関と提携をすることによって、最適な価格でのレートを提示しようとします。
FX会社の提携金融機関が多ければ多いほど有利なレートを提示することができるようになります。これは同じタイミングでも、金融機関によって提示している価格が異なるからです。

提携先が多ければそれだけ好条件でトレードできる可能性が広がり、スプレッドも安定します。

また口座にもいくつか種類がありますが、日本の会社の場合はディーラーが仲介するディーリングデスク方式を採っているところが多くあります。

この口座ではディーラーの裁量によってトレーダーの注文が保留にされることがあり、利益が出ると会社に損失が、損失がでると会社に利益がでる関係になる場合があります。
注文のすべてが保留にされるわけではなくFX会社はインターバンクでリスクヘッジをします。

このようにスプレッド以外にも収入源となるものがあるため、国内の業者は狭いスプレッドでもレートを提示できるのです。

海外ではディーラーが入らずに直接注文をインターバンクに流す、NDD方式が主流で、透明性の高いトレード口座として人気があります。

公開日:
最終更新日:2017/09/21