レバレッジとは

FXの資金がなくなってしまうリスク

レバレッジと言う仕組みは証拠金取引では一般的に採用されている仕組みの一つとして知られています。

専用の口座に現金を払い込むことでこの仕組みが利用できるようになるのが一般的であり、FXにおいては預け入れた資金に対して最大で25倍の運用が可能になるという仕組みになっています。
これは具体的には4万円を証拠金として払い込めば、25倍のレバレッジを適用した際に100万円分の運用が出来ることを意味します。

この様な仕組みがあるためFXなどにおけるレバレッジの仕組みは少ない資金で大きな運用をしたい投資家に人気となっています。通貨によって必要となる資金は異なりますが、取引のために必要となる最低単元が存在しているため、十分な利益を出すためにはそれなりの元手が必要になります。

レバレッジの仕組みはその手助けをしてくれるという特徴があるのです。
勿論25倍に拡大されるのは利益だけではありませんのでそれ相応のリスクがあるということも忘れてはいけません。

しかしながら個人投資家でも様々な運用が可能になっている背景には、このレバレッジと言う仕組みが活用されているということについては知っておくと良いでしょう。

FX取引の仕組みの欠点

FXは非常に人気の高い金融商品の一つですが、少し前の時代までは非常にハイリスクハイリターンな商品として知られていました。

レバレッジの仕組みは非常に魅力的であり、少額の資金でも大儲けが可能なものだったのです。かつては規制も現在ほど厳しいものではなかったため、非常に大きなレバレッジが可能でした。
そのため時には預け入れた資金以上の大きな損をしてしまうこともあったのです。

その様な問題が発生した場合、巨額の借金を背負ってしまうことになるケースが少なからず存在していました。この様な問題を未然に防ぐために最近では自動ロスカットと言う仕組みが多く採用されています。
これは預け入れた証拠金の許容範囲を超えて損失が拡大する際にシステム側が自動的に強制決済することで損失の拡大を防ぐ仕組みです。

この様な仕組みの登場により、現在のFXはかつてに比べて格段に安全になりました。誰でも気軽に楽しむことが出来る金融商品の一つにも数えられるようになってきており、上手に運用することで一般のサラリーマンでも十分に利益を生み出すことが出来るようになってきました。

レバレッジ次第では証拠金以上の損失を出してしまう場合があるという点においては非常にリスキーですが、そこを上手にコントロール出来れば非常にメリットが大きいです。

公開日:
最終更新日:2017/09/21