FXで利益を出す仕組み

      2017/11/22

為替の変動の波に乗って上手な売買

FXで利益を出す最も基本的な方法は、為替差益によるものです。FXでは各国の通貨をペアとして売買しますが、たとえば米ドルと日本円のペアであるドル円の為替レートが1ドル=100円のときに買い注文を入れます。

その後の相場変動によって円安が進み、1ドル=110円になったときに売り注文を入れれば、100円で買った1ドルを110円で売ったことになり、10円の為替差益が得られるのです。
実際の取引は1万通貨や10万通貨という単位で行われるため、この取引によって通貨単位に応じて1万円から10万円の利益を得られることになります。
逆に、円高が進むとそのぶん損失が出ることにも留意しておかなければなりません。

また、為替差益以外に利益を出す方法としてはスワップ金利があります。
通貨には金利が付くことが一般的であり、低金利通貨を売って高金利通貨を買うことで、その金利差であるスワップポイントを得られるのです。

スワップポイントは毎日付与されるため、高金利通貨を保有しているだけで利益が増えていきます
しかし、為替レートの変動によって為替差損が発生し、相殺されてしまうこともあるので注意が必要です。

FX取引で利益を出すコツ

FXで利益を出すコツとしては、スワップ金利ではなく火葬場迂遠道による為替差益を利益の軸にすることが大切です。

なぜなら、スワップ金利は一日あたりのスワップポイントが少額なため、高い利益を得ようとすると投資金額を増やさなければならなくなるためです。
その金額分の通貨を保有することになるため、相場が逆方向に進むと為替差損が発生し、スワップによる利益がなくなるどころかマイナスになることもあります。そのため、利益に対するリスクが大きいのです。

為替差益を出すためには、相場について十分すぎるほど勉強しなくてはなりません
相場の未来が分かる人はどこにもおらず、自分なりの方法で予測しなければならないのです。
その予測方法はテクニカル指標を用いたテクニカル分析だったり、各国の経済状況を分析するファンダメンタルズ分析などが挙げられますが、なかにはチャートを見てその形を自分の中で解釈し、先の相場を予測する天才肌の人もいます。

自分に合う投資手法は様々な方法を試してみなければ分かりません。
そのためにも、FX全般について十分な時間を掛けてしっかりと勉強する必要があるのです。

 - FXの仕組みを知る